リンパマッサージを知り尽くせ!

リンパマッサージ

リンク

当サイトについて

初めて当サイトにお越しの方、はじめまして。また、いつも応援してくださる方々、いつもありがとうございます。当サイトの各ページへのリンクを張ることは自由です。ただしトップページ以外のコンテンツは予告なく移動・削除する可能性がありますので、リンクをする際にはご注意下さい。当サイトはInternet Explorer6に最適化されています。ブラウザによってはフォント、レイアウトが少し崩れることがあります。ご了承ください。

疲労

人間の身体が疲労を訴えるのは、体内に疲労物質と呼ばれる成分が蓄積していくからです。

有名なのが、有酸素運動を一定時間行うことで発生する乳酸です。

しばらく走り続けると体内に乳酸が溜まり、疲労を覚えるという仕組みは、スポーツをしている人であればよくご存知のことでしょう。

そんな疲労物質は、いわゆる「老廃物」として体内に蓄積していきます。

これがしっかりと流れずに溜まっていくと、単なる一時的な疲労だけではなく、慢性的な疲労感につながっていき、倦怠感やだるさにもつながります。

疲労物質が溜まりやすい状態というのは、血管やリンパ管が収縮している状態です。

この状況に陥る原因は、実はストレスだったりします。

精神的な負荷がかかった状態だと、血管やリンパ管は収縮してしまいます。

そうなると、当然そこを流れる血液やリンパ液は流れにくくなってしまいます。

こうしたことから、疲労の原因はストレスや食事にもあるといえるのです。

こういった状況の回復は、リンパマッサージの「二重構造」で行います。

まず、血管とリンパ管の回復。

リンパ節のある鎖骨上部や首、顔回りを重点的にマッサージし、収縮した管を拡張させます。

そして、リンパマッサージの性質のひとつである癒し効果でストレスを緩和することで、かなりの改善が期待できます。

Copyright (C) 2005 リンパマッサージを知り尽くせ! , All rights reserved.