リンパマッサージを知り尽くせ!

リンパマッサージ

リンク

当サイトについて

初めて当サイトにお越しの方、はじめまして。また、いつも応援してくださる方々、いつもありがとうございます。当サイトの各ページへのリンクを張ることは自由です。ただしトップページ以外のコンテンツは予告なく移動・削除する可能性がありますので、リンクをする際にはご注意下さい。当サイトはInternet Explorer6に最適化されています。ブラウザによってはフォント、レイアウトが少し崩れることがあります。ご了承ください。

リンパトラブルの原因

リンパの流れが悪くなると体調悪化の原因となり、日常生活に支障が出ます。

そのためにリンパマッサージを施すのですが、その前にまず「なぜリンパの流れが悪くなるのか」ということを考える必要があるでしょう。

リンパマッサージは、いわゆる「治療」ですが、それを学ぶ前に、日常の中からリンパトラブルの回避、すなわち「予防」をしておくことも必要です。

リンパトラブルの多くは、リンパ液がうまくリンパ管を流れず、滞ってしまうという現象を指します。

ではなぜリンパがうまく流れないのかというと、この原因は厳密には非常に多くあります。

ただ、はっきりとしているのは、その原因の結果、筋肉の収縮の頻度が少なくなるということです。

筋肉がリンパを全身に運んでいるので、そのリンパの流れが悪くなるということは、筋肉が健全な働きをしていないということになります。

この理論からいえることは、まず運動不足は大きな原因のひとつになるということです。

筋肉があまり刺激を受けなければ、必然的にリンパの流れは悪くなります。

日頃全く運動をしていないと、リンパを流す力も弱くなるということです。

リンパの循環が悪くなる最大の要因といっても良いでしょう。

ただ、この解決はそれほど難しいことではありません。

たとえば、体力づくりのように激しい運動を毎日行うという必要は全くなく、単に決まった時間散歩するだけでも十分な効果が現れます。

Copyright (C) 2005 リンパマッサージを知り尽くせ! , All rights reserved.