リンパマッサージを知り尽くせ!

リンパマッサージ

リンク

当サイトについて

初めて当サイトにお越しの方、はじめまして。また、いつも応援してくださる方々、いつもありがとうございます。当サイトの各ページへのリンクを張ることは自由です。ただしトップページ以外のコンテンツは予告なく移動・削除する可能性がありますので、リンクをする際にはご注意下さい。当サイトはInternet Explorer6に最適化されています。ブラウザによってはフォント、レイアウトが少し崩れることがあります。ご了承ください。

脇の下のリンパ節

顔以外の部分にも多数あるリンパ節ですが、その中でも特にリンパマッサージを行う上で重要な5箇所を紹介していきます。

まず、脇の下のリンパ節。

これは「腋窩(えきか)リンパ節」と言います。

脇は人間の弱点のひとつで、くすぐったかったり、筋肉がなかったりするため、ナイーブな場所という印象が強いですね。

実際、脇にはリンパ管が集中していて、ここにトラブルが生じると肩こりの原因になりやすく、腕のたるみにもつながります。

鎖骨のくぼみの近くにある「鎖骨リンパ節」も重要な役割を果たします。

この部分のリンパは、全身のあらゆるリンパが流れ込み、最後に心臓へと戻ってくる一歩手前の場所です。

よって、全身から集められた老廃物が押し寄せてくる場所でもあります。

そのため、鎖骨リンパ節に問題が生じると、肩こりや首のこりが慢性的に発生します。

骨盤の上部にある「腸骨リンパ節」は、女性にとって非常に重要な箇所です。

ここは、子宮や卵巣といった部分と密接な関わりがあり、トラブルが生じるとそれらの器官の免疫力が低下します。

また、お尻がたるんでしまう原因にもなります。

下半身のむくみの原因となる太腿の付け根にある「鼠頸(そけい)リンパ節」も、リンパマッサージを行う上では重要な場所です。

最後に、第二の心臓と呼ばれる「膝窩(しっか)リンパ節」も覚えておきましょう。

実際には膝の上側にあるリンパ節ですが、ここはリンパ液を体の上部に押し上げるための負荷が最もかかる場所です。

Copyright (C) 2005 リンパマッサージを知り尽くせ! , All rights reserved.